スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検察よ 解散せよ

認知症患者2人の足の爪を深く切って出血させたなどとして傷害罪に問われた北九州八幡東病院(北九州市)の元看護課長、上田里美被告(44)の控訴審判決が16日、福岡高裁であった。

 陶山(すやま)博生(ひろお)裁判長は「正当な看護行為であり、傷害罪は成立しない。捜査段階の自白は、捜査官による誘導の疑いが残る」として、懲役6月、執行猶予3年(求刑・懲役10月)とした1審・福岡地裁小倉支部判決を破棄し、無罪を言い渡した。

 同病院が2007年6月、「看護師が入院中の患者の爪をはがした」と発表。上田被告は高齢女性2人(当時89歳と70歳)の親指の爪を半分以上剥離(はくり)させるなどし、約10日間のけがを負わせたとして逮捕、起訴された。上田被告の捜査段階の供述調書は「爪切り自体に楽しみを覚えていた」となっていたが、公判では「適正なケアだった」として無罪を主張した。

 1審判決は、被告の行為を「爪はがし」ではなく、専用のニッパーを用いた「爪切り」と認定。「出血などを生じても、看護行為ならば傷害罪は成立しない」と指摘した。しかし、自白調書は信用し、動機に問題があり看護行為とは言えないとして、有罪と判断した。

 陶山裁判長は自白調書について「『剥離』や『剥(は)いだ』という、被告の行為と合わない表現が多用されており、警察や検察による供述の押しつけや誘導があったと疑わざるを得ない」と指摘。動機を含む自白調書全体の信用性を否定した。

 一方、深く爪を切って皮膚の一部を露出させて無防備な状態にした行為は、傷害罪の構成要件には該当すると判断。しかし、シーツに引っかかってはがれるなどの危険がある爪を除去することは「必要性のある看護行為で、手段も相当だった」と認定した。

 福岡高検の岩橋義明次席検事は「主張が認められず遺憾。判決を慎重に検討し、今後の対応を決定したい」としている。

(2010年9月16日12時46分 読売新聞)

頭の悪い連中が無罪の人々を犯罪人にしているのだ

検察は冤罪 製造場所だ。

早く取調べ可視化せよ

イヤーーそれだけはかんべん  やくざ的な取調べがばれてしまうから
スポンサーサイト

comment

Secret

Hチェッカー

今、Hチェッカーではカウンセラーを募集してます。と言っても相手が送ってくるメールを見て自分好みならそのままやり取りして頂いちゃって下さい。女の子のパーティーとかで人気なので管理側が間に合わず急遽募集です。応募方法はチェッカー登録後サイトに記載されてます

グリー

グリーで理想の人と出会いたい…あなたの希望を叶えます。素敵な出会いをしませんか?
フリーエリア
フリーエリア
最近の記事
フリーエリア
国内ホテルの格安予約サイト『一休.com』
最近のコメント
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
スポンサードリンク


欲しい物を入力し買う
欲しい物を入力し買う。
stmx
リンク
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。