スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法務省じしんが、ほんとうに外国人の人権をきちんと尊重しているのでしょうか?

《いみん・なんみんに夢と希望を! 知ろう、変えよう入管の問題 世界人権デー劇場》 のごあんない

SYI (収容者友人有志一同) http://pinkydra.exblog.jp/13613076/

2010年12月11日(土)  開場 ごご2:30 / 開演 ごご3:00
台東区民会館 9階第5会議室 浅草駅(銀座線、都営浅草線、東武鉄道、つくばEXP)から徒歩5分
 


毎年、12月10日をふくむ週は、世界人権週間です。

日本の法務省は、取り組むべき人権課題に「外国人」を挙げています。http://www.moj.go.jp/JINKEN/kadai.html#08

また、国連で採択された世界人権宣言では、下記のように定められています。

「すべての人間は、生れながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である」(第1条)。
「何人も、拷問又は残虐な、非人道的な若しくは屈辱的な取扱若しくは刑罰を受けることはない」(第5条)。
世界人権宣言(仮訳文) http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/udhr/1b_001.html

しかし、その法務省じしんが、ほんとうに外国人の人権をきちんと尊重しているのでしょうか?
「入国管理」というあいまいな表現の裏で、法務省は日本にやってくる移民や難民を、どのようにあつかっているのでしょうか?

その実情を知り、日本における外国人の「人権課題」とは何なのかを、いっしょに考えましょう。


★★ 移民・難民演劇をやります! ★★

移民や難民は、なぜ、どのようにして日本にきたの? どうやってくらしてるの? 入管でどういうあつかいを受けるの? そういった、あまりおおやけには見えてこない移民や難民の実情を、わかりやすく克明にものがたる、オリジナル劇を上演!
(マンガ『入管ちゃん』Vol. 2 クリックで拡大→)

★★ 難民からの声 ★★

当事者もこの会に駆けつけて、話を聞かせてくれます。また、難民の方が作った手芸品・小物(マフラー、鍋敷きなど)を販売します。売り上げは難民支援に使用します。

★★ 諸外国の入国管理局との比較 ★★

どこの国にも入国管理局はある。でも、やっていることは国によってかなりちがうようです。 ※講師未定。



《賛同団体》 2010年11月11日現在
チェチェンニュース編集室 / 南埼玉ちきゅうじん会議



SYI (収容者友人有志一同)
連絡先: freeimmigrants★yahoo.co.jp (★は@に変えてください)
スポンサーサイト

入管では、恐るべき出来事が起きているのです

緊急特集 入管で行われている恐ろしいこと   2010年10月31日
日本は、 国連の難民条約に署名しています。

しかし 。

SYIはその実態を多くの善良な国民に知ってもらいたいのです。

日本は、こんな国でいいのでしょうか

今 外国人のいや日本人の人権すら危ない。

そこは、虐待と差別と偏見とに満ち溢れている悪魔の館だった。

私たちは東京入管(東京入国管理局)に抗議し、また、閉じ込められた難民・移民たちを はげますアクションを、毎月1回、行っています。
そのアクションも10回目。このたび日程が決まりました。

2010年 11月5日(金曜)
11:00~ 品川駅 港南口
     通行人へのアピールとビラくばり
12:00~ 入管前でアクション
13:00~ 収容され閉じ込められている難民・移民たちとの面会

平日の昼です。仕事や予定があって、参加することが難しいと考えている人でも、ただ、ふらりと通りすがりにその場で声を掛けてくれるなら、私たちとしてはとても有意義なことなのです。
途中参加、途中抜けOK。
みなさんの、様々なスタンス、あり方、関わり方に基づく、多様な参加をお待ちしております。
入管前で、お会いしましょう。あなたたちを、私たちは待っています。
ではでは!




大阪府東警察署に抗議電話しょう

more...

警察はやくざより やくざだった。

これが日本の警察の現実です
地検特捜部同様 腐りきった体質やくざから捜査員を採用したのでしょうかこんなところから多くの冤罪は生まれ無実の人々の人生が狂わされています。

そしてこれは氷山の一角です。
腐りきった検察警察の体質をわれわれは 糾弾していかなければなりません。





tag : 大阪東府警

前代未聞検察の捜査の根幹を揺るがすものだ

 検察は、犯罪偽装集団だ これは、 検察官一人のものの行為でなく

その体質を露呈したものだ。

このことから 無実の人が死刑になった事案も結構あるかもしれない。

もう いい加減にしろ 今の検察に鋭いメスを入れるべきだ。


以下時事通信記事より



厚生労働省の偽証明書発行事件をめぐって証拠のデータが改ざんされた疑惑が明らかになったことを受け、21日に記者会見した村木厚子同省元局長の主任弁護人の弘中惇一郎弁護士は、「事実ならば前代未聞。検察の捜査の根幹を揺るがすものだ」と述べた。

 弘中弁護士は「調査、究明をした上で、しかるべき処置を取ってもらいたい」と検察に要望。証拠隠滅罪などでの検察側への告発の可能性についても言及した。


 弘中弁護士によると、偽の証明書の発行日時をめぐり、検察側の主張と、フロッピーディスク(FD)の文書データを記した捜査報告書の内容が食い違うことに最初に気付いたのは、村木元局長だった。


 弁護側は、公判前整理手続きを通じ、検察側が重要な証拠であるFDなどを証拠申請しないことを不自然と感じ、改ざんの疑いがあるのではないかと疑問を持っていたという。
 同弁護士は「主任検事は、事件が冤罪(えんざい)であることを、かなり前の段階で分かっていたのではないか」と話した。

フリーエリア
フリーエリア
最近の記事
フリーエリア
国内ホテルの格安予約サイト『一休.com』
最近のコメント
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
スポンサードリンク


欲しい物を入力し買う
欲しい物を入力し買う。
stmx
リンク
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。